【効率UP!】かゆい所に手が届くショートカットキー(Chrome編)

甘党エンジニアのkanjiです。

より早く、効率的にコードを書くには、「ショートカットキーの習得」が重要である。

「Command + S」や「Command + Z」とキーは勝手に指が覚えてくれるが、開発を重ねるにつれ「あぁこれがショートカットキーで使えたらなぁ..」というのが出てくる。

今回はそんな「少しかゆい所に手が届くショートカットキー」を厳選して選びました。

MEMO
全てMac仕様です

一度閉じたタブを再度開く

一度閉じたタブを再度開く
Command + shift + T

増えてきたタブを整理するため消した。
その一度消してしまったタブをもう一度見たい。

そんな時にこのコマンドで復元できます。
検索したり履歴を遡る手間がなくなる。

タブを消すには?
Command + W で消せます。

履歴を一覧表示

履歴を一覧表示
Command + Y

直前ではなくもう少し過去のものを見たい時に便利。
時系列で表示してくれるので、あの日あの時間くらいに見てたんだよな〜という曖昧な記憶も掘り起こしてくれます。

キーワード検索も出来るので日にちを忘れていても大丈夫。


シークレットモードで新しいウィンドウを開く

シークレットモードで新しいウィンドウを開く
Command+Shift+N

閲覧履歴を残さずウィンドウを開きたい場合、こちらのキーで開くことができる。
※Chromeではシークレットモードと呼ばれている。

Cookieに情報を残したくない時、真っさらな状況で挙動を確認したい時に。
やらしい動画を見たい時にも(あっ)


ウィンドウの最小化/再表示

ウィンドウの最小化/再表示
Command + M

今開いているウィンドウを最小化し、デスクトップ画面へ戻ることができる。

最小化したウィンドウを再度表示させたい時は、「Command + Tab」で表示させたいブラウザ(アプリケーション)を選んだ後、「Command」 の代わりに「option」を押すことで可能。

Windowsと少し仕様が違うので、乗り換え組みは最初手間取る。


検証ツールの表示

検証ツールの表示
Command + Shift + C

開発に必要不可欠な検証ツール。

その度開いていた「右クリック」→「検証」の2ステップを、上記コマンドで解決できる。


検証ツールの位置を動かす

検証ツールの位置を右から下へ
Command + Shift + D

表示させたまでは良いもの、検証ツールが邪魔になってビュー上の挙動が確認できない。

そんな時このショートカットキー1つで場所を右から下へ移動させることができる。


検証ツールのパネル移動

左右のパネルへ移動する
Command + [ (もしくは ])

ElementsからConsoleへ移動など、ブラウザ上で言う「Command + option + ←/→」ができる。


Chrome設定画面へ移動

Chrome設定画面へ移動
Command + 、

設定を変えたい・ Cookieを削除したい時などに。


テキストエディタやターミナル編も書いていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です