【Laravel入門】PHPフレームワーク Laravelの使い方(環境構築編)

甘党エンジニアのkanjiです。

WordPressをよく使う身としては、PHPの知見も深めたい。

それならいっそのことPHPのフレームワーク「Laravel」の学習も兼ねて、使い方を学んでみようと思った。

何故、Laravelを選んだか?

その具体的ロジックは特にないが、「Web職人のためのフレームワーク」というキャッチコピーに惹かれたことと、Laravelがここ数年でPHPフレームワークの中でジワジワと人気を得ているという若干ミーハーな理由から、今回Laravelを選ぶことにした。

 

うなぎ登りのLaravel

Laravelには日本語公式ドキュメントがある。
この手順通りに進めていけば迷うことはない。

今回はLaravelのインストールから、ローカル環境でのサーバー起動までを書いていく。

Laravelインストール

ターミナルで以下のコマンドを実行し、Laravelをインストールする。

$ composer global require "laravel/installer=~1.1"

次にLaravelコマンドが実行できるように、~/.composer/vendor/binディレクトリにPATHを通す。

$ composer global require "export PATH="$PATH:~/.composer/vendor/bin"
$ source ~/.bash_profile

プロジェクトを作成したいディレクトリに移動し、下記コマンド「laravel new」を実行。

$ cd ディレクトリ名 
$ cd laravel new プロジェクト名 

ぞくぞくとディレクトリが作成されていく。
このあたりはRails newとほとんど一緒である。

下記コマンドを打つと、Laravelのバージョンを確認できる。

$ php artisan -v
//Laravel Framework 6.0.3

次に、PHPのパッケージ管理システムであるComposerをインストールする。
Composerを使うことで、コマンド一発で必要なパッケージをすべてインストールしてくれるためphp開発には必須となっている。

ターミナルから下記コマンドを実行する

$ composer create-project laravel/laravel プロジェクト名 --prefer-dist

ここまでできたら、いよいよサーバー起動だ。

Laravelには最初からWebサーバーが搭載されており、コマンド1つでWebサーバーを立ち上げることができる。

ターミナルから下記コマンドを実行する

$ php artisan serve
Laravel development server started: <http://127.0.0.1:8000>

localhost:8000(もしくはhttp://〜のアドレス)でアクセスするとLaravelの起動、下記の画面が表示される。

これで環境構築完了。超簡単だった。

LaravelはMVCモデルを採用しているだけあり、触った感じかなりRuby on Railsに似ている。

ルーティング・コントローラ・モデル、データベースの作成まで、Railsを触ったことがある方だったらサクサクと進めて行けそうだ。

しばらくはLaravelに(良い意味で)ハマりそうである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です