【TECH::EXPERT2週目】中間試験から本試験まで

甘党エンジニアのkanjiです。

TECH::EXPERT14日目でした。

今日はテックエキスパート2週間を終えての所感を書きたいと思います。


買いたてのMacを意気揚揚とスタバに持ち込み、プライムビデオで幽遊白書を眺めていながら余裕ぶっこいていたキックオフ前日。

あれからもう2週間が経った。

起床→学習→帰宅→寝る前のアイス→就寝。

今日が何曜日かも分からなくなるくらい、せわしないルーティン生活が続いていた。

日常にも変化があった。

1日のほとんどプログラミング学習に費やしているからだろうか、日頃からプログラミングのことを考えているようになってきた。

3人並んで道の真ん中を歩く中国人観光客。
彼等を全力でfloat:left;したい。

満席の西鉄バス。
すぐに座れるよう常連客の降りる駅名をinner_textでスクレイピングしてDBに保存したい。

そして、そんな日頃からの成果を思う存分発揮して下さいね〜というテックエキスパートからの司令が、ついに2週間後にやって来る。

本試験だ。

結論から言うと、この試験には受かった。
と言うよりも、受からせてもらったに近い。

内容としては、これまでの中間や模試に比べたら、さして難しさは変わりない。

カリキュラムの内容をしっかりと理解していたら90点は取れる。

だがギリギリ。
ゆっくり考えていたら時間もギリギリだ。

そりゃそうか、1日ですらあっと言う間に過ぎるのだ。
たかが90分なんて、トイレから出て洗った手が乾くか乾かないかくらいの体感速度で過ぎる。

そう言うわけで、3週目からは「素早い問題解決力」「素早い頭の引き出しの開け閉め」「素早いタイピング力」この3つを胸に刻む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です