devise設定方法とヘルパーメソッド一覧

甘党エンジニアのkanjiです。

今回は「devise設定方法とヘルパーメソッド一覧」について書いていきたい。

まずはGemfileに以下の追記

 gem 'devise'

bundle install

続いてdevise専用のコマンドを利用して設定ファイルを作成する。

rails g devise install

アカウントを作成するためUserモデルを新しく作成。
作成のコマンド「はrails g modelのような通常のモデル作成ではなく、下記コマンドで作成する。

rails g devise user

rake db:migrateを実行すると、usersテーブルが作成される。

devise用のビューファイルの作成
(瞬時に大量のファイルが作成されるのでちょっとビビる)

rails g devise:views

deviseをインストールすることで、様々なヘルパーメソッドが使えるようになる。

before_action :authenticate_user!
#コントローラーに設定して、ログイン済ユーザーのみにアクセスを許可する
user_signed_in?
#ユーザーがサインイン済かどうかを判定する
current_user
#サインインしているユーザーを取得する
user_session
ユーザーのセッション情報にアクセスする

特にcurrent_userは最も使用頻度が高く、様々な場面で活躍することは間違いない。


ミニアプリの発表会も終わり、次はChat-Spaceの実装に取り掛かる。

Chat-Spaceとはグループ作成&グループメンバー内でチャットができる、いわばLINEのグループ機能みたいなものだ。

まずはチャット画面のマークアップ。

それまでに学習したhaml&SCSSを駆使して進めていく訳だが、なにせこのパートが春雨並みにあっさりな分本番に苦労する。

hamlの実装ではBEMの概念を理解しておらず、こんな感じで

.ねえ
 .なんで無視なの?
  .既読ついてるよ?
   .連絡してよ?
    .もう知らない
     .知らないから
      .ねえ
       –ねえねえねえねえ

クラスの段階構造祭りになってしまった。

模範解答がない分、こっそり答えを拝むという行為が出来ず、自力で作り出さなければならない。

反面完成した時の喜びも大きく、完成日はドヤ顔で帰ってしまった訳である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です