Gitの仕組みとコマンド

甘党エンジニアのkanjiです。

TECH::EXPERT17日目は、Git・GitHubについて学習した。
簡単にまとめてみる。

Gitとは?

ファイル変更履歴を管理する為のシステム。
変更履歴を管理することで、何か不具合があった時に過去のファイルに戻ることができる。

Gitのインストール
$ brewi nstall git
バージョン確認
$ git –version

GitHubとは?

そしてそのgitの仕組みを利用したwebサービスのことをGitHubと呼ぶ。

github上にチームで共有のソースコードを置き、開発者は各自そこからソースコードをコピーしたり反映させることで、チーム開発をより便利に効率よく進めることができる。

リポジトリとは?

Gitの管理下にあるファイルやディレクトリの変更履歴を保管しておく箱(データベース)のようなもの。

その種類は2つ

ローカルリポジトリ:自分のPC上に置くリポジトリ。俺用。
リモートリポジトリ:外部のサーバーなどのネットワーク上に置く。皆用。
複数でのサービス開発には必須である。
ローカルリポジトリの作成
$ git init

インデックスとは?

ファイルを一時的に登録する場所
記録(コミット)する一歩手前。Amazonで言う買い物カゴみたいなものか。

ファイルをインデックスに追加
$ git add ディレクトリ名

コミットとは?

インデックスに追加された変更修正をバージョン記録する操作。

日時や変更を加えた人の情報を含め、現在の状態を保存。
買い物カゴの商品を購入。

コミットする
$ git commit

コミットメッセージとは?

コミットする際、どのような作業をしたのかということを記録しておくために記述する。

GitHub Desktop

githubが提供しているGitを扱うためのGUI(グラフィカルユーザインターフェース)ツール。
Gitを扱う際に直感的な操作が出来る。

ブランチとは?

リポジトリで管理しているプロジェクトの流れを記録していく場。

開発者ごとに担当する機能を明確に分けることが出来る。

プルリクエストとは?

ブランチでのコミット履歴を残すと共に、各コミットにおける変更修正にコメントをつけることができるGitHubの機能。
自分の作成したコードに問題が無いかどうかを他の開発者に見てもらうコミュニケーションツール。

プルリクエストのタイトルには[WIP]をつける

LGTMとは?

Looks good to meの略で「コードに問題が無いので、マージしてちょ」というメッセージ。
LGTMを貰ったら、いよいよマージだ。

マージとは?

機能実装のために作成したブランチをmasterブランチに統合すること。

LGTM(いいよっ)→マージ(挿入)が行われる。これ一発で覚えられる。

プルとは?

リモートリポジトリの変更をローカルリポジトリに取り込む操作。

ローカルレポジトリ(俺)はマージ前の情報なので、次のブランチ作成前にプルをして情報を反映させる必要がある。

ウチのおかんはコラーゲンの事だと言っていた。


このブログ史上、初めてプログラミング学習っぽい内容になった。笑

チーム開発を進める上では、個人のスキルを磨くこと以上に知っておかなければならないことだなと思った。

誤りや不足等がありましたら、詳しい方補足頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です